早期段階でのコントラクターの関与

最高の実践を目指した戦略の構築

早期段階でのコントラクターの関与(Early Contractor Involvement(ECI)) 手法は、連携作業的なラーニングに基づいており、開発戦略が確立された後に、最善のアプローチを設定します。この手法は、設計監理プロセスがプロジェクトのすべての段階を通じて実行する推奨ポイントを示します。

初期段階から、開発マネージャー、建設マネージャー、設計マネージャー、プロジェクトマネージャー、評価マネージャー、そしてコンサルタントが関与し、主要なリスクと開発期間を削減することでの建築上の課題、そして明確な成果をもたらすためのコストを明確にします。弊社の価値工学アプローチは、多様に訓練されたチームを活用することによって、要望、機能、プロセス、コストを分析することで期待される成果を検討し、コストとリードタイムを削減できるよう最善の価値設計を見つけ出して提案します。

リスク分析では、リスクの可能性、深刻度率、緩和戦略とすべての残存リスクに関するコストと時間を評価します。弊社のアプローチは、環境、労働安全衛生、ライフタイム・メインテナンス、コストと時間に関する課題のリスク割合を考慮します。

Hover over or touch the diagram for more informationn >>